「日本の軌陸車って見た事ある?」【電車線保守】

Kirikusha

軌陸車
軌道と道路の両方を走ることのできる車両である。一般的に、鉄道保線・電車線工事用などに使用される。「軌陸車」とは、線路等の工事または作業に使用する機械で軌道及び一般道路を走行できるものをいい、保守用車に含まれる。
通常の保線用鉄道車両は、終列車が通過して線路閉鎖が行われてから車庫を出発し、現場への移動をするという時間ロスを生じるが、この軌陸車であれば予め現場付近の踏切横などで待機しておき、線路閉鎖後にそこから入線し最小限の移動で迅速に作業を開始することが可能である。このため特に作業時間が限られる都会の大手私鉄などで重宝されている。
基本的にはトラックなどをベースに、軌道走行用の装備を付けたものである。軌道への乗り入れは、保線部門敷地の専用スロープや踏切からされる。
wikipedia



「日本の満員電車に意地でも乗り込もうとする男www」

続きを読む

「日本の軌陸車って見た事ある?」【電車線保守】

この記事を読む

巡回ブログ先

タグ

人気記事ランキング